機体情報

【ドッグファイト】スタンダード型 Yウィング

【ドッグファイト】モードにおける、Yウィングのお勧めプリセットを紹介します。

スタンダード型 Yウィング

Yウィングの概要

Yウィングは耐久性に優れたスターファイターです。

新共和国機体の中で最大のシールド容量を誇ります。

ボマークラスということもあって、対スターファイター用よりも対艦用の増設ポイントが多く、【ドッグファイト】で使える選択肢は少ないのですが、そのデメリットを補って余りあるほど、強力な増設ポイントが用意されていることも魅力の1つです。

その一方で、扱いやすく強力なメインウェポンがないという欠点があります。

標準レーザー砲は火力に乏しく、ロータリー・キャノンは威力はそこそこあるものの、弾薬チャージ速度の遅さが致命的です。

加えて運動性能(最高速度、最大加速度、操縦性)に乏しく、純粋な格闘戦は苦手です。

これらを総括すると、Yウィングは運動性能による勝負は避けて、長所である増設ポイントを主軸にした運用をするべきしょう。

スタンダード型 Yウィングの使い方

Yウィングの強力な増設ポイントを詰め込んだプリセットです。

いずれも扱いやすいものに絞って採用していますので、Yウィングに不慣れな方でも使い方に迷うことはないと思います。

特筆すべきなのはフルオート・イオン砲です。

この増設ポイントを使うことで、一方的に格闘戦を拒否して、相手に撤退することを強要できます。

運動性能の扱いにくさは可能な限り抑えていますが、慣れるまではやや難しいかもしれません。

 

具体的にどうするの?

前述したとおり、純粋な格闘戦は苦手なので避けます。

横やりを入れる形で、敵機に攻撃を仕掛けていきましょう。

相手の攻撃の矛先がこちらへ向いたら、逃げつつフルオート・イオン砲を使いましょう。

相手がイオン砲から逃げ出して横腹を見せたなら、反撃を加えていきます。

記事「【ドッグファイト】モードの立ち回り」に書いてあることも参考にしてみてください。

ドッグファイトモードの立ち回り
【ドッグファイト】の概要と、立ち回りのポイントをまとめました。 【ドッグファイト】概要・ルール 【ドッグファイト】はスターファイター同士の格闘戦を行うモードです。 新共和国陣営と帝国陣営に分かれて、5対5のチーム戦を行います。 ...

パーツ解説

各パーツについて簡略に解説します。

【メインウェポン】標準レーザー砲

Yウィングにおいて、最も扱いやすいメインウェポンです。

威力は低いですが、弾薬のリチャージ速度が安定しています。

命中性能も比較的高く、ロータリー・キャノンのような射撃中の操縦性ペナルティもありません。

威力が足りない点を補うためにも、使用前にはなるべくオーバーチャージ状態にしておきましょう。

【増設ポイント1】ゴリアテ・ミサイル

着弾地点の周辺広範囲に爆発を引き起こすミサイルです。

爆風にもダメージ判定があり、爆心地から近いほどダメージが大きくなります。

弾数は3発と少ないですが、ボマークラスの強力な増設ポイントの1つです。

その要因は、直接ヒットせずとも爆風によるコラテラル・ダメージが与えられる点にあります。

カウンターメジャーやレーザーでも起爆するため、相手は完全に距離を取って逃げ切らない限り、多少なりともダメージを受けることになります。

残り装甲値が僅かな相手に対しての確実な削りとして有効です。

また、ダメージ量も1000と高水準です。

相手がタイ/INインターセプター(デフォルトの装甲値775)であれば、直撃すれば有無を言わさず、あるいはコラテラル・ダメージだけでも一撃で倒せることがあります。

【増設ポイント2】フルオート・イオン砲

21秒間、攻撃してくる相手を自動で迎撃し続けるイオン砲のタレットです。

Yウィング固有の増設ポイントで、トッププレイヤーの間でも用いられるかなり強力な兵装です。

タレットの照準は自動であり、使用者に特に難しい操作は求められません。

長時間イオン砲を浴び続けると相手はスタン状態に陥ってしまうため、フルオート・イオン砲の稼働中は、相手は距離を取らざるを得ません。

従って、運動性能に乏しく逃げ回るのが苦手なYウィングにとって、フルオート・イオン砲はありがたい簡易自衛手段と言えます。

自分が攻撃を受けた、あるいは相手が近くにいると分かったタイミングで作動させましょう。

【カウンターメジャー】シーカー弾頭

弾数(4発)と有効範囲(750m)に優れるカウンターメジャーです。

有効範囲が広いので不発になりにくく、扱いやすいです。

特に初心者の方には、飛んでくるミサイルとの相対距離の感覚が掴めるまで、シーカー弾頭を使うことをお勧めします。

【装甲】ダンプナー装甲

相手のミサイルロック時間に+100%の補正をかける、特殊効果付きの装甲です。

ロックオンに必要な時間が倍になるので、ミサイル攻撃を予防しやすくなります。

腐りにくい特殊効果の割に装甲値-10%という軽い対価で、コストパフォーマンスが良い装甲です。

【ドッグファイト】ではミサイルが四方八方から飛んでくる試合も少なくないので、積んでおいて損はありません。

【シールド】標準デフレクター

シールドの再生速度シールド容量のバランスが取れたパーツです。

オーバーチャージは欠かさないようにしましょう。

最大オーバーチャージ時のシールド値は2400(元のシールド値の200%)にもなり、簡単には撃墜されなくなります。

【エンジン】標準エンジン

補正や特殊効果などはありませんが、癖がなく扱いやすいエンジンです。

デフォルトの最大速度は110と鈍足です。

従ってブーストの使いどころが他の機体よりも重要になってきます。

ブーストゲージはなるべく意識的に溜めておきましょう。

旋回性能も、操縦性70と全機体中最低値です(サポートクラスと同率最下位)。

延々と後ろを取り合う旋回戦はYウィングの分が悪いので、避けておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました